sekaimon(セカイモン)

PR

【ポケモンGO】クリスマスイベントの期間はいつからいつまで?

 

【ポケモンGO】クリスマスイベントであのポケモンが大量発生?

 

【ポケモンGO】メタモン出現率確変はいつまで?→特に期限なし

 

【ポケモン サン ムーン】御三家を色違いにするリセットのやり方

 

【ポケモン サン ムーン】出現ポケモンの違いはロコンとミミッキュ?

 

【ポケモン サン ムーン】御三家はどれが強い?種族値やタイプ比較

 

【ポケモン サン ムーン】努力値を確認!リセットする裏どうぐ

 

【ポケモン サン・ムーン】予約特典「本気カビゴン」の入手方法

 

【ポケモン サン ムーン】図鑑は全部で何匹?攻略本&画像はこれ

 

【ポケモン サン・ムーン】メガシンカ可能なポケモン一覧【最新】

 

【ポケモン サン ムーン】ジガルデの入手方法は?セル入手場所

 

ニンテンドークラシックミニの再販はいつ?→12月中旬~下旬頃

 

【ニンテンドークラシックミニ】ゲオ・TSUTAYAの予約/在庫/再販状況

 

ファミコンミニのソフト一覧まとめ!スーパーは追加可能になる?

 

【ニンテンドークラシックミニ】定価で予約購入できる店舗・方法

 

【ニンテンドークラシックミニ】予約再開情報まとめ【随時更新】

【図表】新型Macbook Pro 2016のスペックを旧型と徹底比較

   

【図表】新型Macbook Pro 2016のスペックを旧型と徹底比較

スポンサードリンク

いよいよ新型Macbook Pro2016がお披露目となりましたが、今までの旧型とスペックがどう違うのか、図表で比較して行きましょう。

新型Macbook Pro 2016の購入を考えているあなたはぜひご参考にしていただけたらと思います^^

スポンサードリンク

■新型Macbook Proのスペックを旧型と図表で比較

●新型Macbook Pro 2016スペック比較~13インチモデル編~

それではまず、新型Macbook Pro 2016の13インチモデルのスペックを旧型と図表で比較して行きましょう。

新型Macbook Pro 2016(Touch Bar搭載モデル) 新型Macbook Pro 2016(Touch Bar非搭載モデル) 旧型Macbook Pro 2015モデル
液晶ディスプレイ 2,560 x 1,600pixcel、広色域(P3)Retinaディスプレイ 2,560 x 1,600pixcel、Retinaディスプレイ
バッテリー連続駆動時間 MAX10時間
重さ 1.37kg 1.58kg
SSD(メモリ) 256GB/512GB/1TB 256GB 128GB/256GB/512GB/1TB/512GB/1TB
カラー・色 シルバー、スペースグレー シルバー
価格 178,800円~ 148,800円~ 128,800円~

スペックは上記表のようになっています。

新型Macbook Proはフルモデルチェンジと言われている通り、Retinaディスプレイや新カラー、重さなど、あらゆる局面で旧型を上回っていることが分かります。

ただしその分、値段がやや高めに設定されている点は致し方ない部分ですね。

●新型Macbook Pro 2016スペック比較~15インチモデル編~

続いて新型Macbook Pro 2016の15インチモデルと旧型を比較して行きましょう。

尚、15インチモデルに関しては13インチモデルのようにTouch Barの搭載/非搭載は分けられておらずTouch Bar搭載モデルのみであることも抑えておきましょう。

スポンサードリンク
 

新型Macbook Pro 2016(Touch Bar搭載モデル) 旧型Macbook Pro 2015モデル
液晶ディスプレイ 2,880 x 1,800pixcel、広色域(P3)Retinaディスプレイ 2,880 x 1,800pixcel、Retinaディスプレイ
バッテリー連続駆動時間 MAX10時間 MAX9時間
重さ 1.83kg 2.04kg
SSD(メモリ) 256GB/512GB/1TB/2TB 256GB/512GB/1TB
カラー・色 シルバー、スペースグレー シルバー
価格 238,800円~ 198,800円~

新型Macbook Pro 2016の15インチのスペックに関しては、やはり13インチモデルよりも総じて高スペックだと分かります。

特にRetinaディスプレイにおいては非常にレベルが高く、ノートパソコンの中では最高クラスの解像度だと言えるでしょう。

デスクトップパソコンにおいては最近Microsoftより発表された「Surface Studio」がかなり良いので、良ければそちらもご覧になられてみてはと思います。

関連記事:Surface Studioの日本発売日&値段は?スペックはiMac超え

ただいずれにせよ、15インチモデルは23万円越えとやはりこちらもかなり高額ですね。

■新型Macbook Pro 2016フルモデルチェンジの結果は…

今回のスペック図表を比較してみても、いかにアップルがこの新型Macbook Proで勝負をしにきているかが伺えますが、その結果が吉と出るのか凶と出るのかはこれからです。

iPhone7/iPhone7 PLUSに関しても日本では好調ですが、世界市場で見ると上手く行かない部分もあるようですからね。

アップルの2台製品がユーザーに本当に愛されるモデルと成り得るのか、本当の勝負はこれからです。


スポンサードリンク

【随時更新】ピカチュウ出現場所全国まとめ

【随時更新】ラプラス出現場所全国まとめ

【随時更新】カビゴン出現場所全国まとめ

【随時更新】ポケモン探索ツール最新稼働状況

ポケモンGO PLUSの予約最新情報まとめ【8/26更新】

 - Macbook Pro