PR

【モンハンダブルクロス】スイッチ同梱版を予約できる店舗一覧

 

【ニンテンドースイッチ】スプラトゥーン2(同梱版)の店舗予約状況

 

【ニンテンドースイッチ】在庫あり店舗まとめ!名古屋&大阪編

 

【ニンテンドースイッチ】スプラトゥーン2同梱版の再販(再入荷)はいつ?

 

【スプラトゥーン2】ゲオの予約情報!アミーボは?電話予約可能?

 

【スプラトゥーン2】予約の穴場はセブンネットがダントツおすすめ

 

【スプラトゥーン2】同梱版を予約できる店舗!ジョーシン&ヤマダ編

 

【スプラトゥーン2】同梱版を予約できる店舗!ゲオ&ヨドバシ編

 

【スプラトゥーン2】同梱版を予約できる店舗!楽天&Amazon編

 

【スプラトゥーン2】同梱版を予約できる店舗!セブン&イオン編

 

【ニンテンドースイッチ】店頭販売する店舗一覧まとめ!ゲオは?

 

【ニンテンドースイッチ】予約可能在庫あり店舗まとめ【速報】

 

【ニンテンドースイッチ】エディオンの予約再開&店頭販売最新情報

 

【ニンテンドースイッチ】ドンキホーテの予約在庫情報【随時更新】

 

【ニンテンドースイッチ】予約再開&在庫最新情報【ジョーシン編】

Windows10でリモートデスクトップ接続ができない時の対処法

   

Windows10でリモートデスクトップ接続ができない時の対処法

スポンサードリンク

リモートデスクトップとは、違うPCにネットワーク経由でアクセスして操作ができる仕組みで、操作したいPCが離れていても使えるのでとても便利ですよね。

しかしWindows10を使う中で、この接続ができないという人が非常に多く見受けられます。

そこで今回は、Windows10でリモートデスクトップ接続ができない時の対処法を解説して参ります。

スポンサードリンク

1、Windows10でリモートデスクトップ接続ができない場合

まず操作される側(ホスト)ですが、Windowsのhomeエディションではホストにはなれません。

この場合は他のソフトを使う必要があります。

そして操作する側とされる側が、同じネットワークに繋がっていることが条件となります。

ここで言う同じネットワークとは家庭内LANや企業LANのことで、仮に自宅と会社であってもネットワークの経路が作ってあれば、自宅から会社のPCを操作することも可能です。

これにはネットワークとセキュリティの知識が必要になりますので、管理者の方に相談しましょう。

今回はご自宅の中で、あるPCから別のPCにアクセスする場合と仮定します。

1.1 受け入れホスト側の設定を確認する

ルーターが一つで同じルーターに繋がっているのであれば、同じネットワークという前提は満たしています。

2016-07-29 19.58.23

接続が失敗する際、一番多いのは上記のメッセージではないかと思われます。

まずはホスト側の設定を確認しましょう。

コントロールパネル-システムから、リモートの設定をクリック。

2016-07-29 19.58.33

下のような画面が開きます。

2016-07-29 19.58.47

このコンピューターへのリモート接続を許可するを選択します。

その下の認証についての項目ですが、チェックが入っている方がセキュリティは強固になります。

この設定をした上でリモートデスクトップ接続先のコンピューター名かIPアドレスを入力すると、ユーザー名とパスワードを要求されるので、こちらを正しく入力し終わって、初めて接続が可能になります。

1.2 ファイアウォールを解放する

設定には問題が無い場合、ファイアウォールにてブロックしている可能性があります。

Microsoft以外の統合セキュリティソフトをお使いの場合も、そのソフトのファイアウォールを開放します。

こちらではWindows標準のファイアウォールについて説明します。

まずコントロールパネルのシステムのセキュリティをクリック

2016-07-29 20.03.04

Windowsファイアウォールをクリック

2016-07-29 20.03.11

接続済みになっているネットワークを確認します。

2016-07-29 20.03.23

上の画面の場合はプライベートネットワークです。

続けてWindowsファイアウォールを介したアプリまたは機能を許可をクリック。

名前がリモートデスクトップの行にて、プライベートにチェックが入っているか確認します。

入ってなければ右上の設定の変更をクリック後、チェックを入れてOKを押します。

2016-07-29 20.03.30

2、ユーザー名とパスワードを入れたが認証されない場合

ユーザー名とパスワードを入れた際に、お使いの資格情報は機能しませんでした。などのメッセージで接続ができない場合があります。

そういう場合まずは、ホスト側のコントロールパネルからユーザーアカウントをクリック

2016-07-29 20.06.53

もう一度ユーザーアカウントをクリック

2016-07-29 20.06.59

現在ログオンしているユーザー名が確認できます。

2016-07-29 20.07.06

上の例のように、メールアドレスが入っている場合ですとMicrosoftアカウントを使用しています。

この際はリモートデスクトップ接続の認証時に、ユーザー名はUSER123456@microsoft.com を使います。

パスワードはホスト側で使っているものと同一です。

メールアドレスではなく、ローカルアカウントと表示されている場合があります。

2016-07-29 20.07.13

この場合、リモートデスクトップ接続する際のユーザー名には「ホストコンピュータ名\ローカルアカウント名」と入力する必要があります。

Microsoftアカウントを使っていない場合、コンピュータ名の入力を忘れがちですので確認してみてください。

3、Windows10があまり快適でない場合は

2016年7月29日、ついにWindows10への無償アップデート期間が終了してしまいましたが、正直Windows7の方が全然使いやすかったという人も実際かなりいるようです。

やはり長年使い慣れてきたOSが同じMicrosoftのものとは言え、ガラッと変わってしまうのはあまりユーザービリティー的に良くありません。

もし仮にWindows7に戻りたいと思うのであれば、一層のこと戻してみてはいかがでしょうか?

そこまで難しい操作は必要ないですし、やはりパソコンを仕事などで使う上で作業効率、生産性は命なので、慣れているものを使った方が効率は良いです。

Windows10に変えて1ヶ月以上経ってしまった場合でもWindows7に変えることは全然可能なので、もし検討するのであれば下記記事をご参考頂けますと幸いです。

>>Windows10→Windows7に戻す方法(1ヶ月以上過ぎた場合)


スポンサードリンク

 - Windows10